日常の中に学びの場を

ちいさな学びの場の広がり

1-1.JPG1-1.JPG

私たちが沖縄で運営している「つくらし=つくる×くらし」には、自分たちでちいさな学びの場をつくりたいと思っている人たちがときどき訪ねてくる。社会教育に関わる仕事をしていた人がほとんどで(とはいっても、環境、自然、福祉、文化、芸術、保育など、分野はさまざま)、独立や移住、子育てなどがきっかけで、自分で場をつくって運営していきたいと考え、訪ねてきてくれる。

新たな学びを生み出すシステム

環境省ストップおんだん館

2-3.jpg2-3.jpg

大抵のミュージアムの立ち上げの場合、施設の企画設計をして、開館と同時に仕事は終わることになる。でも、実際には施設はそこから始まるのであって、施設がうまく動かない大きな原因の1つは、施設を企画設計する人と運営をしていく人たちが切り離されていることによると思う。なので私たちは、施設の立ち上げに関わる場合、開館後の運営や人材育成にも関わっていくことを提案している。

つくるプロセスが一番学べる

スタッフが育ち、施設も育つ

3-3.JPG3-3.JPG

私たちがスタッフの育成をするときに大切にしているのは、スタッフが育ち、それに伴って施設も育っていくプロセスをつくること。スタッフがスキルを身につけるだけでなく、施設が持続的に運営されていく仕組みも一緒につくっていくのである。ここでは、展示プログラムづくりのスキルをスタッフが身につけていくことに伴って、施設がどのように育っていくのかについて紹介していきたい。

教育プログラムをキット化して活用しよう!

ストップおんだん館・香川県環境学習プログラム集・幼児童向け感性を育む環境教育プログラム

4-2.JPG4-2.JPG

企画展やワークショップ用、出張授業用の教育プログラムなど、みなさんの施設でも、これまでたくさんの教育プログラムが生まれてきているのではないだろうか。それらの教育プログラムを自館で活用するだけでなく、学校や地域で活用できるようにキット化して貸し出し、教育普及のツールにしませんか? 

見つけた!ミュージアム

兵庫県立一庫公園ネイチャーセンター

5-1.jpg5-1.jpg

一度つくってしまうとなかなか変えることができない、そんな悩みを抱えているミュージアムが多いような気がしていた。なので、私たちがつくるミュージアム(学びの場)は、どんどん変わっていけるものにしようと思い、ハードもソフトも日々変化していく施設をつくっている。兵庫県立一庫公園ネイチャーセンターは、その最初のミュージアムである。

アップデイト展示システム

広がる学びの展示システム

6-1.JPG6-1.JPG

展示は、単に情報や知識を伝えるものではなく、考えを深め、広げていく学びのプロセスをつくるもの。課題に向き合い、自分なりに読み解き、人々とやりとりしながら考えを深め、共有し、行動につなげていくチカラを育むためのシステムとして、私たちが開発し、各地の社会教育施設に導入されているのが「アップデイト展示システム」である。

土って何色?から広がる学び

土で絵を描くワークショップ

7-5.JPG7-5.JPG

私たちがつくるプログラムやワークショップは、少しずつカタチを変えながら進化していく。たとえば「土で絵を描くワークショップ」。土の不思議を見つける展示プログラムとして生まれたものがワークショップとして展開され、さらに全国に広がっていく。ワークショップは展覧会になり、教材化して貸出物になり、学校の授業や地域での活動になる。

学ぶチカラで地域は変わる

東松山市ホタルの里づくり

8-1.JPG8-1.JPG

仕事のもう一つの柱に「地域」に関するものがある。たとえば、持続可能な地域を実現していくための計画やワークショップ、協定づくりなどを、活動しながら考え、その土地らしい方法を生み出していくトライ&エラー方式で進めていき、地元住民が主体的に活動できる「ゆるやかな場」づくりをしていった東松山市のホタルの里づくりもその一つである。